総合補償制度について

長浜産業株式会社では、レンタル機械のご利用期間中に、万一の事故が発生した場合に補償できる長浜産業株式会社の
総合補償制度」の運用を行っております。

総合補償制度のご案内

この制度はレンタル期間中、万一の事故や不意の破損によって発生する費用に対してお客様の負担を軽減することができます。
「長浜産業補償制度」へのご加入をお薦めいたします。
詳しくは担当営業所へお問い合わせ下さい。

総合補償制度につきましては、2018年3月1日補償内容を改定しました。
対象機種 補償内容(限度額) 補償免責
トラック
ユニック付トラック
ダンプカー
軽トラック
散水車
などレンタカー
一般車両 対人
無制限
対物
無制限
人身傷害
1事故1名につき3,000万円
車両(実損額)
時価限度額
対物補償免責
※1事故につき10万円

車両補償免責
※1事故につき10万円
ただし高所作業車の場合20万円
建設機械各種
油圧ショベル・発電機
コンプレッサー・ローラー
ホイルローダなど
対象機種についてはお問い合わせ下さい
動産補償 実損額
レンタル中の機械が、偶然な事故によって破損したり、或いは盗難事故に遭ったときなどの損害を補償致します。
時価額限度で、損害額を補償します。
部分損
1事故
10〜20万円
全損・盗難事故
(下記ご参考)
油圧ショベル
高所作業車
発電機・コンプレッサーなど建設機械
(ナンバーなし)
賠償責任補償 対人
1事故 1億円
対物
1事故 1億円

お客様がレンタル機を使用運転中、誤って人を死傷させたり、物を破損したなど、 法律上の賠償責任が発生したとき、損害賠償額を補償します。
※1事故につき10万円

※1事故とは1回の動作で生じた事故のことです。

補償の対象となる損害

[動産補償] レンタル機械の損害を補償します

[賠償責任補償] レンタル機械使用中の賠償責任を補償します

補償の対象とならない主な損害

[車両補償・動産補償・賠償責任補償共通]

*1・・・事故発生時の車両入替費用、代替車両のレンタル料金、事故車両修理期間休車補償費用や、事故が原因により工期が延長になった為の損害費用等。
*2・・・参考:別紙「資格一覧表」をご覧下さい。

[動産補償]

[賠償責任補償]

*1・・・【注意】 他社からレンタル中の機械を破損した場合補償対象とはなりません。

補償できない事故例と補償となる事故例

補償できない事故例と補償となる事故例

もし事故が起こった時は

[交通事故発生時の対処について]

事故通知書のダウンロード

事故通知書(PDF)のダウンロードはこちらです。

Adobe Reader のダウンロードPDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerがインストールされていない場合は、上のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。

ページの先頭に戻る